決断できない住宅購入!5つのポイントでスッキリ!

決断できる

住宅の購入が決断できない!!
そんな方、多いのではないでしょうか?

高い買い物だから失敗できない!なにを基準に決断したらいいのか分からない!
夫婦間での意見が全く合わないなど!いろいろあると思います。

今回は、住宅購入はどのように決断して決めればいいの?というお話を
5つのポイントでスッキリ解決したいと思います。

このお話は、これから住宅を購入する方に読んでいただきたい内容です。
ぜひ、最後までお楽しみください。

決断までの5つのポイント

お話をわかりやすくするために住宅を購入するまでの道のりを、
5つのポイントとともにお話したいと思います。

決断できないを【できる】に変える5つのポイント!!

    1. 住宅は出会い!
    2. 購入までの期間とは?
    3. 無知だから怖いだけ!
    4. 待てば良い住宅が出てくる?
    5. 夫婦で意見が合わない!

上記、5つのポイントでお話させていただきます。

私の不動産業歴で経験したお客様のお悩みと、私自身が2回マイホームを購入した経験を
もとにお話したいと思います。

出会いを増やそうとしていない

これは「住宅」に限らず、「人」も「物」も「何事」も【出会い】であると私は考えています。
【出会い】は待っていても、向こうからやってくることはありません。

そして、良い出会いをするには「良きパートナー」が必要になると思います。

そうです、いい住宅に出会うには「良き不動産屋さん」・「良き営業マン」との
出会いが大切になります。

まずは、ここから初めましょう!!

「良きパートナー」の見分け方は下記記事を参考にしてください。

目的が明確になっていない

購入までの時期は「千差万別」です。
早い人は、住宅を見学した「その日」!
遅い人は、住宅を見学するのが「趣味」かのごとくずっと探されています。

これは、どちらが良い、どちらが悪い、という話ではなく。
どのようにスケジュールを決めて、住宅購入をしようと思っているかの差です。

住宅を購入する「目的」を明確にしましょう!!

ちなみに、私が2回目に住宅を購入した「目的」は教育環境を整えたいというのが
目的でした。

住宅を購入前までは、小学校まで娘の足で徒歩30分弱くらいの距離でした。
そして、私の年齢のこともありましたので購入できるタイミングで購入しようと
思い購入しました。

今は、小学校まで徒歩3分、中学校まで徒歩8分くらいの距離です。
ちっと親バカっぽいですが、これが我が家の住宅を購入した「目的」です。

そして、この「目的」は夫婦のみならず、家族が一致した「目的」が必要です。
そうすれば、迷わずにイメージしたスケジュールで住宅を購入できるはずです。

家族で「目的」が明確にならない場合は、下記の記事も参考にしてみてください。

知識不足を恐れている

先程のお話のとおり、私は購入までの時期は千差万別とお伝えいたしましたが、
たまに、お客様の条件にピッタリなのに購入をされない方を拝見することがあります。

購入しない理由は「探し始めたばかりだから!」という理由です。

たしかに、その気持はわかるのですが言葉を変えると「判断ができないだけ!!」
もっと言ってしまうと「判断をするだけの知識がない」だけなのではないかと
思ってしまいます。

「探し始めたばかりだから」=「不動産屋にダマされている(ダマされる)のではないか?」
という「心理」が働いてしまっているからではないでしょうか。

今の不動産屋さんは、一昔前と違いお客様に不利益を与えるような会社はいないよう
に思います。

不動産屋に頼ることなく判断をするには!!
判断をすることができる『知識』をご自身で身に付けてから住宅探しをしましょう。

知識習得の一つとして、下記の記事も参照ください。

希望条件に理想を求めてしまう

そして、さらにお客様の中には「待てば良い住宅が出てくるはず」と言われて、
ご希望条件にドンピシャなのに購入されないお客様もいらっしゃいます。

もちろん、「待てば良い住宅は出てくる」かも知れません。
でも、その【良い住宅】ってどんな住宅?という疑問が浮かんでしまいます。

もちろん、高額な商品ですのでじっくりとご検討いただきたいのですが、
「待っても出ないものは出ない!!」確率の方が高いです。

希望条件はドンピシャだけど、外観や内装が趣味と合わない!!などということも
あると思います。
しかしながら、100%ご希望条件に合う「住宅」はないことも念頭におきましょう。

「購入の流れ」もおさえておくとスムーズに購入できると思います。下記の記事をご参考ください。

夫婦で意見が合わない

住宅探しで一番始めにくじけそうになる理由のNO1.が、

「夫婦で意見」が合わない!!

ではないでしょうか。

この問題は高い確率でどちらのご家庭でも起こっているように思います。
中には相当な夫婦ケンカに発展することもあります。

夫婦間で住宅の「内装・外装」の趣味が合わないなどは、
そのうち何とかなっちゃうものなんですが、

肝心の「購入」すること自体の意見の不一致は大変です。
理由は「購入する意味がわからない」、「まだ早い」など、様々です。

私はこの意見が合わない理由は、ご夫婦の間で未来を「形」に、
そして「見える化」ができていないことが理由ではないか?と思ってます。

これは、夫婦生活を送る上でも大切だと私は思います。

簡単に「見える化」をする方法としては、ファイナンシャル・プランナーなど
第三者に頼み、あなたがどのように生きていきたいのかを「形」にし、
そして「見える化」してもらうことです。

あなたの「見える化」した未来を、ご主人(または奥様)に見せて、
あなたの未来とご主人(または奥様)の未来とをすり合わせしてみましょう。

私自身も不動産を購入するときと、起業するときにファイナンシャル・プランナーの方に
シミュレーションしてもらいました。
驚くほど、未来を「見える化」することができ、その未来像に向かって生活を
しているように思います。

ぜひ、試して見てくださいね。

購入後のことで不安がある方は、下記の記事も参考にしてみてください。

まとめ

決断できないを【できる】に変える5つのポイント!!
1. 住宅は出会い!
いい住宅に出会うには「良き不動産屋さん」・「良き営業マン」との
出会いが大切になります。

2. 購入までの期間とは?
住宅を購入する「目的」を明確にしましょう!!
そうすれば、迷わずにイメージしたスケジュールで住宅を購入できるはずです。

3. 無知だから怖いだけ!
判断をすることができる「知識」を身に付けてから住宅探しをしましょう。

4. 待てばいい住宅が出てくる?
100%ご希望条件に合う「住宅」はないということを念頭におきましょう。

5.夫婦で意見が合わない!
あなたの「見える化」した未来をご主人(または奥様)に見せて、
あなたの未来とご主人(または奥様)との未来をすり合わせしてみましょう。
きっと、意見が合わさると思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの住宅購入計画がうまく行きますよう心よりお祈り申し上げます。

わからない点、ご質問がありましたら、下記コメント欄よりお知らせください。
ご回答させて頂きます。

志士不動産ホームページ

志士不動産フェイスブックページ

志士不動産インスタグラム

志士不動産ツイッター

お問い合わせ

関連記事

  1. 住宅ローンの組み方

    住宅ローンの連帯保証人になる時の4つのポイント!

  2. 広告

    不動産の広告掲載!同じ不動産が数社から掲載なぜ?

  3. タイミング

    家を買うタイミング?タイプ別3つのケース!

  4. 家の購入!ハザードマップに関する3大質問を詳しく解説

  5. 独身家

    一人暮らしで家を購入?独身で買う人はいるの?

  6. 建築基準法違反

    建築基準法違反の建築物が存在する理由と安い理由とは!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。