家が売れない時はどうする?売れない3大理由を解説

売れない家はない

一生になんどとない買い物「家」!
購入後にいろいろな理由で、売却しなければいけなくなって、
売却をしているが買手が見つからず困っている!
という方もいると思います。

今回は、家が売れないときはどうする!どうしたらいいの?
とあわてる前に、今一度、冷静にそして客観的にあなたの家を見てみましょう!
というお話をさせていただきます。

このお話は、これから家の売却を考えている方や売却活動をしている方に
読んでいただきたい内容です。
ぜひ、最後までお楽しみください。

売れない理由は売る前から始まっている!

    • ポイント1. 売る前の心得とは?
    • ポイント2. 売る戦略!
    • ポイント3. 売れない理由とは!

家が売れないポイントを分かりやすくお伝えしたいと思います。

家が売れない理由は、一つではなくいくつも重なっていることがあります。
今、家が売れていない理由のヒントや参考になれば幸いです。
売る心得

相場よりも高く売れないと心得よ!

ポイント1. 売る前の心得とは?
これだけ、ネット社会になっている現代では、
相場より高く売れるなどと期待してはいけません!!

リフォームなどをして家の価値を上げた場合は相場より高めに売れる
可能性はありますが、
それ以外は基本的に相場より高く売れることはありません。

売る側からしたら、愛着のある家ですし思い入れがありますので、
他の家と比べたくないと思いますが、
購入者から見たら大変残念ながら、どんなに「愛着」・「思い入れ」があっても
数ある家の中の1件にしか見られません。

売る側は、購入者よりも客観的に自分の家を見ることがなによりも大切です。

では、客観的に自分の家を見るにはどのようにすれば良いのか!!
実は驚くほど簡単なんですよ。

【ライバル】の家を実際に見に行くだけです!!
ただこれだけ!!

実際に見に行くと、色々なことがわかります。
ライバルの家のいいところ!イケてないところ!
自分の家の方がいいところ!イケてないところ!

それを、自分自身で客観的に感じることができれば!!
相場感をやしなうことができ、ポイント2の【戦略】につなげることができます。

売れない家はない!

ポイント2. 売る戦略!
売れない「家」・「不動産」(以下 家という)があるかというと【ありません!!】
もちろん、希望価格での売却は成立しないかも知れませんが、
私は売れない家はないと思っています。

家を売るのには「戦略」が必要です。
現在売り出してから長い時間が経過しているのもかかわらず、
「内覧」、「お問い合わせ」、「広告の回覧数」(プレビュー)が全然無いのは、
決して、任せている(媒介を契約している)不動産屋さんだけが原因ではないはずです。
【戦略ミス】が原因です。

仮に、不動産会社を変えて他の不動産会社に頼んでも状況は変わらないと思います。

なぜなら、不動産会社は売れなければ売上が立たないので、「必死」で販売活動を
しているはずです。

そして、売却の『最低売却価格』を明確にし、且つドラマチックな演出を考えて
いるでしょうか。
私が言う「ドラマチックな演出」とは、購入者に向けて期待感を持たせた販売活動を
しているか?ということです。
これを、私は【戦略】と読んでいます。

【戦略】がない場合は、まずは【戦略】を考えましょう!!

『最低売却価格』に下がる前に、購入者に向けてどのように販売活動をしていくか
十分な【戦略】を任せている不動産会社と一緒に練りましょう。

そして、『最低売却価格』を下回りそうになった時はどうするのか?
売却活動を続けるのか? 売却活動を停止するのか?
も明確に考えておかなければなりません。

【戦略】をしっかりと立てれば、売れない家はありません。
売り方

購入者側のことも考えよう!

ポイント3. 売れない理由とは!
答えは、「価格」が相場と合っていない!
または、「価格」が相場の変動についていけていない!
ということだと思います。

当初、売りに出した時は十分に引き合い(お問い合わせ)がある価格だったとしても、
ライバルが1件でてくるだけで、瞬間的に相場価格が変わることがあります。
また、相場価格は刻一刻と変わります。

価格競争を避けて売りたい場合は、
購入者が買いたくなるオプション(特典)などを考えて見ましょう。

例えば、多少の経費は掛かりますが、
「中古瑕疵担保保険」に加入する。
室内のクロスを交換する。
新品のエアコンを付ける。
など、

他の家との違いを明確にすることにより、価格競争をすることなく売ることが
できるかも知れません。
もちろん、費用を掛けた分だけ、価格に上乗せができるというものではありませんので、
掛けた経費の費用対効果がどれだけ見込めるかは十分に検討しなければなりません。

この3つのポイントを今一度、確認し戦略を練り実行していただければ、
きっと、早期の売却成立ができると思います。

ぜひ、実践してみてくださいね。

その他の【売却】に関する記事もご参考ください。

まとめ

家が売れない理由3つのポイント!

ポイント1. 売る前の心得とは?
これだけ、ネット社会になっている現代では、
相場よりも高めに売れることはないとは「ありません」!!

客観的に自分の家を見ることがなによりも大切です。
【ライバル】の家を実際に見て相場感をやしないましょう!

ポイント2. 売る戦略!
【戦略】をしっかりと立てれば、売れない「家」は【ありません!!】
購入者に向けて期待感を持たせた販売活動をしましょう!

ポイント3. 売れない理由とは!
「価格」が相場と合っていない!
または、「価格」が相場の変動についていけていない!
ということだと思います。
他の家との違いを明確にすることにより、売りやすくなります。

この3つのポイントを今一度、確認し戦略を練り実行していただければ、
きっと、早期の売却成立ができると思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの家を売る計画がうまく行きますよう心よりお祈り申し上げます。

わからない点、ご質問がありましたら、下記コメント欄よりお知らせください。
ご回答させて頂きます。

志士不動産ホームページ

志士不動産フェイスブックページ

志士不動産インスタグラム

志士不動産ツイッター

お問い合わせ

関連記事

  1. 任意売却ができないケースとできるケースを詳しく解説!

  2. 売却時囲い込み

    不動産の囲い込みは違法!有り止めとは?

  3. 土地・価格・計算

    土地の価格!計算しなくても出す方法とは?

  4. 物件を売却するときの流れ!売却3ステップとは?売却依頼編

  5. 売却活動

    物件を売却する時の流れ!売却4ステップとは?:売却活動編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。