不動産業界の「千三つ」とは?

こんにちは。
住宅ローン破綻と競売を回避するために戦う東京都練馬区石神井台「志士不動産」(スリーウィンデザイナー株式会社)の神山です。

さて、今回は不動産用語というべき「千三つ」という言葉の意味をお送りしたいと思います。
(漫画「正直不動産」1巻20ページ)

「千三つ」(せんみつ)
ネットで言葉の意味を調べると大きく2つ出てきます。
一つは、
《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地・家屋の売買や貸金などを斡旋 (あっせん) する職業。また、その人。「千三つ屋」
確かに不動産業はそんな感じがしますよね。

でもね、不動産業言う「千三つ」(せんみつ)はもう一つの、
《千のうち本当のことは三つしか言わない意》うそつき。
のことなんです。

不動産業界のスタンスとは?

もちろんこのご時世、法律違反をするような「嘘」をつく不動産業者はいないと思いますが、
お客様にとって重大な事柄でも、「法律」・「業法」に触れず、言わなくてもいいことや、
伝えなくてもいいことは基本的に伝えてくれません。
解釈も不動産業者の都合のいいように説明してしまいます。

これは、不動産業者が悪いわけではありません。
もしかしたら、突っ込めない(知識不足の)あなたが悪いのかも知れません。

今回はまず、不動産業界の「スタンス」をお届けいたしました。
これから私といっしよに知識をつけていきましょう!!
またの配信をお楽しみに。。。

最後までお読み頂きありがとうございます。
住宅ローン返済など不動産関係のことでお困りがございましたら東京都練馬区石神井台の志士不動産にお気軽にご相談下さい。
志士の名に掛けてお客様のお悩みに尽力致します。

ご質問などありましたら、下記「お問い合わせボタン」をクリックしお問い合わせください。
ご回答させて頂きます。

お問い合わせ

志士不動産ホームページ

志士不動産フェイスブックページ

志士不動産インスタグラム

志士不動産ツイッター

関連記事

  1. 正直不動産15

    底地と借地権!それぞれの権利とは!!

  2. 「原状回復」はどこまでしなければならないの?

  3. 正直不動産24

    住宅ローン共有名義で購入しても大丈夫?

  4. 正直不動産7

    土地なのに条件?「建築条件付売地」とは!!

  5. 正直不動産13

    今はあまり聞かなくなった「あんこ業者」とは?

  6. 1204

    まずは、隣地との境界確認を!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 8月 17日