地面師ってなに?本当にいるの・・・・

正直不動産18

こんにちは。
住宅ローン破綻と競売を回避するために戦う東京都練馬区石神井台「志士不動産」(シシフドウサン)/スリーウィンデザイナー株式会社の神山です。

さて、今回は「正直不動産」4巻を読んでのレビューを含めて、不動産用語の「地面師」という言葉を解説したいと思います。
※漫画「正直不動産」4巻 第27直28直・地面師(前編)・(後編)
『地面師』とは、他人が所有している土地を自分の土地と偽って売買してしまう「詐欺師」のことです。
なぜ、地面師(詐欺師)に騙されるのか私の見解を含めてお話したいと思います。
ぜひ、最後までお読みください。

民法上は他人の不動産を売買してもいいことになっている!!

そもそも、不動産の売買は民法上、他人の土地(不動産)を勝手に売買しても良いことになっています。

えーー!!なにそれーー!!

と言いたくなりますよね。
自分の物でもない土地(不動産)を「勝手」に売っても良いことになっているんですから、

不動産業者はこの民法があることから、その売主が「本人」か「偽者」かを判断するセキュリティ(確認作業)は他業界に比べたら甘いところがあると思います。
ここが、地面師(詐欺師)事件が後を絶たないポイントではないかと私は考えております。

そして、「不動産売買契約」は比較的買主が有利な契約になっており、
契約後、最終的に買主の物にならなかった時は売主に対して「損害賠償」を請求することができるという内容になっていることから、
不動産業者にとって売買契約はそんなに慎重になることがなく、それよりも購入後にその土地(不動産)をどのように「売却」するかに比重がいってしまいます。

【地面師】はその隙間を利用しているということです。
所有者になりすまし、売買契約をして「手付金」・「中間金」が振り込まれたら「消えて」しまう!!
そこには巧妙で綿密に計算された「罠」が計画されているわけです。

記憶に新しい「◯◯ハウス」の事件も今回の正直不動産と同じように、話のきっかけは「不動産ブローカー」からのようです。。。

「地面師」が一般購入者を騙したということは聞いたことがありませんが、
手付金詐欺まがいな事案は年に何回か聞きます。
不動産取引で高額な「手付金」・「中間金」を要求された場合は「保全処置」の適応等を考えましょう。

それでは、またの配信をお楽しみに。。。

最後までお読み頂きありがとうございます。
住宅ローン返済など不動産関係のことでお困りがございましたら東京都練馬区石神井台の志士不動産にお気軽にご相談ください。
志士の名に掛けてお客様のお悩みに尽力致します。

お問い合わせ

志士不動産ホームページ

志士不動産フェイスブックページ

志士不動産インスタグラム

志士不動産ツイッター

関連記事

  1. 国税庁路線価図の借地割合とは一体なに?

  2. 正直不動産9

    「告知義務」はどこまで知らせてくれるの・・・

  3. 正直不動産20

    AD・広告宣伝費とはどういうこと?

  4. 正直不動産10

    「使用賃借」ってなぁに?

  5. 正直不動産24

    住宅ローン共有名義で購入しても大丈夫?

  6. 正直不動産11

    不動産を購入するときの「融資特約」は重要です!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。